ホーム > 慢性便秘 > 慢性便秘の人は食事の楽しさを忘れているかもしれない

慢性便秘の人は食事の楽しさを忘れているかもしれない

たまの便秘って辛いですよね。だから、慢性便秘の人はさぞ辛いのではないかと思います。しかも便秘の時って、食欲もなくなりますよね。ご飯の時間でもお腹が空かないんです。大食いの人は一日何度もトイレに行くくらい快便だと聞きますが、出せるから食べられるんだなと思います。便秘なのにあれだけの量を食べてたら大変なことになってしまいます。それとも、あれだけの量を食べると、体が出さないとと危機を感じて出るようになっているんでしょうか。どっちみち一般人が食べられる量ではないので、食べて出す作戦は無理ですけどね。

 

慢性便秘だと食事が楽しくないかも

 

食欲の秋です。美味しい食事をするためには、便秘の対策も必須かもしれません。ご馳走を目の前にしてあまり食べられなかったり、食欲が湧かないのはもったいないですよね。薬に頼るのは嫌だと言う人もいるかもしれませんが、ため込む方が体に悪影響だと思うんですよね。肌が荒れたりイライラしたりもしますよね。それなら病院で相談して生活を見直してみたり、薬を処方してもらったりして、体質の改善を試みたほうがいいのではないでしょうか。美味しい物を美味しく食べる、そんな当たり前のことを忘れていたかもしれません。便秘になることを恐れて、楽しく食べることを忘れてしまっていたのではないでしょうか。